自宅外学生への仕送り過去最低9万5900円という記事より。

首都圏の私立大に昨春入学した自宅外通学の学生への仕送り額(6月の平均)は7年連続減の9万5900円で、1986年の調査開始以来、過去最低額を更新したことが17日、東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)の家計負担調査で分かった。

私立大学ということで、学費もそれなりにかかっていると思いますが、なかなかどうして子どもを一人暮らしさせて大学に通わせるのは大変ですね‥‥。

月に約10万円で家賃を払って生活できるのかな? と思ったのですが、そういえば大学院時代はもっと少ない奨学金で生活していたのを思い出しました。

もちろんバイトもしますし、親にかかる負担をできるだけ少なく‥‥というのは、自分が親になったから思うのでしょうね‥‥。ありがとうございます。

受験から入学までの費用や4~12月の仕送り額を合計した「入学の年にかかる費用」は302万1900円。

今からしっかりと貯金しておかないといけませんね、これは。初年度に300万円以上、かかりますよ。

それにしても、

自宅外から通う学生の保護者の平均年収960万9000円の31%を占めた

という数字も出ているのですが、年収の低い層と高い層が両極端になっているのでしょうかね。