最近、子供の高所からの転落事故が相次いでニュースになっていますが、「高所平気症」が原因となっているのではないかと言われているのをテレビで知りました。

「高所恐怖症」は自分もそうなのでよく分かりますが、果たして「高所平気症」とは?

文字通り、高いところが恐くないのだそうです。

小さい時から高層マンションに住んでいる子供に多いらしく、高いところが恐いところという認識ではなくなってしまうのだとか。

ある実験では、120cmの高さの透明な橋を使ってテストしたところ、4階以下に居住している子供が3割しか渡れなかったのに対して、5階以上に居住している子供は全員が渡れたそうです。

もちろん高いところに住んでいると必ず「高所平気症」になるということではないと思いますが、こうしたことは知っておくと良いかもしれませんね。最近は高層マンションも増えていますし。

横浜の女児転落死 「高所平気症」子供に危険な落とし穴という記事にも詳しくありました。

子供は立体的なものに対する感覚が未発達で、自分が高層マンションに住んでいても高いところにいるという意識があまりない。また高層マンションで育つ子供は、高所に慣れる傾向があるため、高さについての恐怖心が薄くなる「高所平気症」になりやすい。

原因とは一概には言えないものの、下を覗き込んだりしているうちに誤って転落してしまうケースもあるとのこと。

ブランコや滑り台など、外で遊ぶことが重要とされています。