サンタの夢は8歳まで!という記事より。

AP通信によると、米民間調査会社が米国民を対象に実施した意識調査で、サンタが存在しないと考えるようになるのは平均8歳であることが分かった。

サンタが存在しないと考えるようになるのは平均8歳‥‥クリスマスが派手なアメリカでもこのような感じですから、もしかすると日本だともっと下の年齢かも?

調査は成人1000人を対象に電話で実施。それによると、子どものころサンタが存在すると信じていた人は約86%。11歳以上で信じていた人も約15%いた。

ぼくは11歳か12歳くらいまで信じていた気がしますね‥‥。

自分の子供にも、いつまでもサンタの夢は見ていて欲しいと思いますが、いつか友だちから「サンタはいねーんだぜ」という感じで言われることになるのでしょうね。

サンタの夢は8歳まで?によれば「低所得の家庭では子どもがサンタを信じない割合が増える傾向もみられ、サンタはプレゼントをくれる存在という考えが根底にある」ということです。