赤ちゃんがケロっと泣きやむスイッチの秘密という記事より。

外観は、いたって普通のぬいぐるみ。しかし中の“音ユニット”には、日本音響研究所とのコラボレーションにより開発された「ぐずり解消メロディ」が入っている。日本音響研究所といえば、タカラ(当時)が「バウリンガル」を共同開発したことでも知られるが、赤ちゃんのぐずり泣きに注目したのは、あの「タケモトピアノ」のCMが発端だったようだ。

「タケモトピアノ」のCMが流れると泣いていた赤ちゃんが泣き止むという噂が広がり、テレビ番組の企画で日本音響研究所が解析をしたんだそうです。

その結果、

・音がランダムで飽きない
・本能的に振り向く音が多い
・音楽の途中でリズムが変わる

などが赤ちゃんの注意を引いていることが分かり、「ぐずり解消メロディ」が生まれたんだそうです。それがこの度「赤ちゃんけろっとスイッチ」として商品化だそうです。

「ぐずっているときは、何をしても無駄で本当に困っていました。しかし、サンプルから音楽が流れると、けろっと泣きやむ。これは“使える”と思いました」

というのは、実際に育児に追われていた人の話。検証の結果では、生後3ヶ月から1歳半程度まで効果があったということです。

しかし気をつけなくてはいけないのは、赤ちゃんがぐずっているのは何かを訴えたいからなんですよね。「たとえば、生理的な要因で赤ちゃんが泣いている場合には、まず原因を取り除いてあげることが大切です」とあ指摘も。

どうして機嫌が悪いのか分からない時に、最終手段として発動すると良いかもしれません。

ベビープー 赤ちゃんけろっとスイッチ
ベビーミッキー 赤ちゃんけろっとスイッチ

【7/6発売予定】ディズニーベビー 赤ちゃんけろっとスイッチ ベビーミッキー【タカラトミー】
【7/6発売予定】ディズニーベビー 赤ちゃんけろっとスイッチ ベビープー【タカラトミー】