5歳児の20%が英会話、夜型の子供は減少という記事より。

子どもの夜型化に歯止めがかかり、早寝早起きが増え、5歳児の5人に1人は英会話教室に通っている

ベネッセが、東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県の1歳半から6歳の子どもを持つ親約2,300人に実施したアンケートの結果だそうです。

平日午後10時以降に寝る子は、95年32%から00年39%に増加したが、今年は29%に減少。平日午前7時前に起きる子は増え続け、それぞれ33%、37%、43%だった。

わぁ、みんな早起きですね。うちは寝る時間は22時前になりましたが、起きるのは8〜9時くらいですね。きっと幼稚園に行き始めると、もっと早寝になるのかもしれない。

「子どもの夜型化が報道され、親の意識も変わったのだろう。全般に、少子化で、保護者が子どもの少ない分、大切に育てている様子がうかがえる」というコメントも。

でも週刊誌とか読むと、極端な例だと思いますが、床で食事していたり、子供だけケージに入れて食事させていたり、男言葉でポテトチップを子供に投げつけたりと、ちょっとそれは‥‥という話も目にしたりして、経済だけでなく子育ても両極端な方向に進んでいるのかな、と思いました。

英会話など語学教室に通うのは全体の14%で、5年前の5%から大幅増。年齢別では2歳児7%、3歳児10%、5歳児21%、1歳児も3%いた。5年前は2歳児2%、3歳児4%、5歳児6%、1歳児0・6%。

20%が英会話ってのは凄いですね。