子供時代に喫煙者と同居した人は非喫煙者でも高リスクという記事より。

自分が非喫煙者でも、18歳までに喫煙者の家族と同居した経験のある人は、後に慢性的な空咳を発症するリスクが、そうでない人の2倍以上になることが、約3万5000人の成人非喫煙者を対象にした試験でわかった。

「自分が非喫煙者でも、18歳までに喫煙者の家族と同居した経験のある人」は、慢性的な空咳を発症するリスクが2倍‥‥。

しかし一方で、食物繊維を多く摂取する人は、間接喫煙による影響が少なくなるということも分かったそうです。

自分で吸っていなくても、というのがちょっと大変ですね。