練馬に住む大学時代の友人家族と、としまえん遊園地に行ってきました。

としまえん

友人家族の家がとしまえんから近く、何度か行ったことあるそうで、「キッズのりもの1日券」というのがあることを教えて貰いました。これは身長110cm未満の子供が乗れる機種限定の1日券で、小さい子供がいる家庭にはお得です。

通常、大人 3,800円、子供 2,800円のところ、付き添いの大人 1,900円、子供 1,400円となっています。夫婦の場合は入園券1,000円も購入しておけばOKです。

身長110cm未満でも乗れる乗り物が、

ループ2000、カルーセルエルドラド、 模型列車、ミステリーゾーン、 アンチックカー、子供の森、カーメリーゴーランド、お化け屋敷、ユーロ2006、フロッグホッパー、レディバード、スカイトレイン、ジャングルハウス、ミラーハウス、ロッキンタグ

とかなりあるのが魅力。息子も自動車系の乗り物にハマり、2回も3回も繰り返して乗りました。

特に今日が夏休み明けの最初の土曜日だったせいか、としまえん内もがらがらで、食事をするにも乗り物に乗るにも並んで困るということはありませんでした。

もちろん、ディズニーランドにお客さんが流れているということもあるのでしょうね。ぼくが子供の頃、遊園地と言えば、後楽園かとしまえんでしたが。

例えばディズニーランドは、

大人 5,500円
子供 3,700円

ですから、家族3人で行くとそれだけで14,700円です。

としまえんの場合は、

大人 1,900円 + 1,000円
子供 1,400円

で、家族3人だと4,300円で、ディズニーランドの1/3で済んでしまいます。

もちろん、中身が全く別ものだ、と言ってしまえばそれまでなのですが、子供にはとしまえんも十分に楽しめるんですよね。都心のロケーションもあり、電車で簡単に行けるし、このくらいの料金であれば気合いを入れずとも、気軽に行けるのではないでしょうか。

特に、子供の森は屋外のアスレチック、ジャングルハウスは屋内のアスレチックになっていて、子供がフルで走り回って遊ぶことができます。身体を120%動かして、ヒビキもかなり満足そうでした。

最後には一緒に一日遊んだ友人家のお姉ちゃんが、乗り物から降りてくるときにヒビキの手を引いてきてくれました。仲良しの友達ができたのも良かったです。これも身体を動かして遊んだ効果かな?

ということで、この秋、家族でプラッととしまえんもお勧めではないかと思います。

浦和からは土曜日の朝の下道で、クルマでとしまえんまで1時間ほどでした。

ちなみに、その友人とは大学時代にとしまえんで一緒にバイトしたことがあり、ちょっと懐かしく思いました。ぼくが働いていたのはミステリーゾーンの裏の店で、ハンバーグを焼いたりポテトを揚げたり、ソフトクリームを作ったりしていました。ちょうどあの夏も、暑かった。