健康注意報:妊婦はマグロの食べすぎにも注意という記事がありました。

この8月、厚生労働省は、妊娠している人、またはその可能性のある人が水銀濃度の高い魚介類を食べ過ぎないよう呼びかける注意事項の見直し案をまとめました。

「水銀を含有する魚介類等の摂食に関する注意事項」の見直しで、キンメダイ、クロムツ、クロマグロ、メバチマグロ、マカジキなどが、妊婦が注意すべき魚介類の対象に追加されたそうです。

現段階では妊婦を除く人々については、水銀による健康への悪影響が懸念される報告はないということですが、

妊婦の場合は、海外での調査などにより、低濃度の水銀摂取でも胎児の脳の発達などに若干の悪影響を及ぼす可能性があることが報告されています

ということで、これはちょっと覚えておいて気をつけたいところですね。