育児女性の再就職支援、マザーズハローワーク設立へという記事。

出産や育児で仕事を辞めた女性の再就職などを支援するため、厚生労働省は2006年度、子育てする女性のための「マザーズハローワーク(仮称)」を新設する方針を決めた。

日本は2007年以降に人口減少が迫っており、少子化対策の一環としてマザーズハローワークが設立されることになったそうです。

マザーズハローワークは、従来の「両立ハローワーク」を発展させ、全国12都市に設置。企業からの求人の開拓にあたる一方、子連れで相談しやすい環境を整備し、応対する職員を担当制にして求職者の希望にきめ細かに対応していく。

「子連れで相談しやすい環境」ももちろん重要ですが、子供がいても働きやすい環境というのが何より大切ではないでしょうか。