<小児科>救急診療病院の4割は医師1~2人という記事より。

休日や夜間の時間外診療(救急診療)を行う病院小児科のうち、4割の病院で小児科医が1~2人しかいないことが、日本小児科学会の全国調査で分かった。

小児科医が足りないというのは全国的な話だと思うのですが、小さな子供を持つ親としては心配なニュースです。

それなりにしゃべれるようになると、頭が痛いとかお腹が痛いとか、泣いている理由も分かるというものなのですが、ただ泣いているだけだと親はあたふたするしかありません。特に、一人目の子供だったりすると、もうどうして良いものやら。

そういう時はお医者さんを頼りたいのですが、数が足りずに、超過労働で医師に負担がかかっているのが浮き彫りになったそうです。

日本小児科学会では「医師の過労は医療事故にもつながりかねない」として、地域ごとに小児時間外診療を実施するセンターを整備するよう訴えているそうです。ただ、小さな子供が相手だと、やはりお医者さんにかかる負担も大きいのでしょうね。難しい問題だな。