弘道おにいさん、骨折耐え握手会したそうです。

NHK教育「おかあさんといっしょ」の体操のおにいさんを卒業した佐藤弘道(36)が25日、都内でエッセー「子どもはぜんぜん、悪くない。」(講談社)の発売記念握手会を行った。

弘道おにいさんのいない「おかあさんといっしょ」は寂しすぎる! 新しい体操のお兄さんお姉さんには、まだ慣れないんですよねぇ。

「おかあさんといっしょ」を卒業した弘道おにいさんは、タレントとして頑張っているようです。

前日24日に、出演中の舞台「筋肉ミュージカル」で左肩の鎖骨をはく離骨折。全治2~3週間の診断を受けたが、痛みを顔に出すことなく約400人と笑顔で握手した。

弘道おにいさん、無理しないで! でも、いきなり「筋肉ミュージカル」に出ているなんて凄いですね。

エッセー「子どもはぜんぜん、悪くない。」は、12年間のおにいさん経験を生かした用事教育法の本だそうです。

子どもはぜんぜん、悪くない。

みんな、ありがとう。大好きだよ。
12年間、子どもたちを見つめ続けてきた「ひろみちおにいさん」が、はじめて語る自分のこと。そして、指導者として、父親として語る、子どもたちへのあふれる思い。「佐藤弘道」は、こんなに熱い!

子どもはぜんぜん、悪くない。