【103万円の壁】は気にしないという記事より。

パートなどで給料を得るにあたって気になっていた【103万円の壁】【130万円の壁】そして【141万円の壁】を、3回シリーズで三つのお金の壁を解説していきます。

「103万円の壁」には、二つの意味があるそうです。

一つは、給与収入が103万円までなら「そこから給与所得控除(必要経費として)65万円と基礎控除38万円を収入から差し引け」、つまり税金がかかる所得はゼロです。

もう一つは、「ママの収入が103万円以下の場合は、パパの所得税の対象となる給与所得から配偶者控除として38万円が差し引けます」というもの。

多くの人が気にしているのは、

ママの収入が103万円を超えたら、パパの給与所得から配偶者控除の38万円が引けなくなるから結局その分税金がグンと多くなってしまう・・・

ということだと思うのですが、技師によれば「落ち込む必要はありません」だそうです。それが「配偶者特別控除」で、

ママの収入が103万円超え141万円未満だと収入に応じて配偶者特別控除として38万円〜3万円まで控除できます

ということです。