風邪の子供はおふろに入れてもいい?という記事より。

しかし実は、風邪の子供の入浴を禁止することについて、明らかな科学的根拠があるわけではない。それどころか欧米では、風邪で発熱した子供を水やぬるま湯に入れて熱を下げるという、わが国とは全く逆の習慣があるというから驚きだ。

そうそう、日本では一般的には風をひいている時はお風呂に入らないですよね。恐らく湯冷めするから、とかの理由だと思うのですが、欧米ではその反対なんだとか。

気になるのは入浴の影響だが、アンケートでは、風邪症状が「悪くなった」と答えた人は2.2%だけで、ほとんどの人は「良くなった」(15.4%)あるいは「変わらなかった」(82.4%)と答えている。つまり、お風呂に入れても、症状に特に悪い影響は見られなかったというわけだ。

うちの場合は、風邪が長引いている場合、そしてぐったりしているなど具合が悪くない場合は、洗髪はしないまでもお風呂に入れます。その方が子供もすっきりできるし、気持ちよく眠れると思うからです。

大多数の医師は

(1)発熱が無い
(2)元気がある・機嫌が良い
(3)病初期ではない・増悪期ではない

という条件を挙げているそうです。

住宅事情が良くなり内湯が浸透した現在では、風邪の時でも必ずしも子供の入浴を控える必要はなさそうだ。どうしても気になるという人は、入浴の温度や入浴方法を工夫すればよいだろう。熱いお風呂、長風呂、お風呂遊び、洗髪などは避けるようにし、特に冬場は、脱衣所や浴室などをあらかじめ暖かくしておくことも忘れてはならないポイントだ。

そして何より重要なのは、お風呂から出た後の対応ということで、

・ぬるいお湯に入った時は上がったらすぐに服を着せた方がいい
・熱いお湯でよく温まった時は、まず寒くない場所で肌着1枚かバスタオルをまとう位にし、
・ほてりを冷ましてから服を着せるようにした方がいい

ということです。ほてりが取れないで服を着せると、汗をかいて熱を奪われてしまう結果に。