ドラえもんの声が交代へ 来春、大山のぶ代さん降板というニュースが!

テレビ朝日系の人気アニメ「ドラえもん」で四半世紀にわたってドラえもんの声優を務めてきた大山のぶ代さんら主な声の出演者5人が来春、降板し、若手と交代することが21日明らかになった。

ええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、なんと!

ドラえもんの声が変わるーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

このニュースを見た瞬間、かなり胸がドキドキしてしまいました。まさかドラえもんの声が変わることなんて、予想していませんでした。

後任の人選が進行中で、交代決定を受け入れた大山さんは「テレビ放送から25年がすぎ、ちょうどよい交代の時期。遠い未来までずっとずっとみんなに愛される『ドラえもん』であってほしい」と話している。

25年間親しみ続けてきたドラえもんの声が変わってしまうのは非常に寂しい気もしますが、確かにこの先もドラえもんが存在し続けるとするならば、これも致し方なしなのかもしれません。サザエさんのカツオだって変わったし、ルパン三世だって変わっているんだ。うん。と自分を納得させてみるテスト。それにしたってにわかには受け入れ難いですね、これは。ドラえもんは永遠だと思っていたよ。

うちの息子もアニメは見ないけれどドラえもんが大好きで、生まれた時から一緒のブランケットにいつも話しかけています(一人二役)。ヒビキが夢中になってドラえもんを見る頃は、新しいドラえもんなんだろうなぁ。一緒に見ると違和感がありそうだなぁ。

主な五人というのは、ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんなんだろうか、やはり。

「ドラえもん」はゴールデンタイムに2けたの視聴率を取る同局の看板アニメ番組。原作者の藤子・F・不二雄氏が「ドラえもんはこういう声だったんですね」と認めるほど、大山さんらははまり役で、人気の原動力になっていた。

まあ、子供の時に見ていたドラえもんと比べれば、既に別人の声のようにも思えちゃったりすることもあるんですけどね。

追記:
ドラえもんの声が交代へ−来春、大山のぶ代さん降板によると、やはり降板するのは、

交代が決まった主な出演者は大山さんをはじめ、のび太役の小原乃梨子さん(69)としずか役野村道子さん(66)、ジャイアン役たてかべ和也さん(70)、スネ夫役肝付兼太さん(69)の5人。

だそうです。みなさんかなりの年配だったんですね。25年も経っていますから、そりゃそうか。

「5人の平均年齢は60代後半。きれいにバトンタッチできれば」と小原さんは明かす。「『ドラえもん』を後世に手渡ししていく。藤子先生からの大切な預かり物だったんですから」

映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争

映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争

■関連記事

ドラえもんの声優が交代へ

関係者によると、交代を打診したのはテレビ朝日側からで、今春に大山ら出演者と協議を行った。放送開始から25年という節目であったことや高齢化などを理由に、一新を決定したという。小原によると、出演陣5人は「わたしたちの平均年齢は60代後半。ちょうどよい時期。きれいにバトンタッチしよう」と交代を受け入れたという。

大山のぶ代ら5人が「ドラえもん」降板

5人は第1回から同じ役を担当し、常時2ケタの視聴率を取る同局の看板アニメに育てた。80年からは劇場版映画25本にも出演。特にドラえもんの大山は、名せりふ「ぼく、ドラえもん」をアドリブで生みだし、原作の故藤子・F・不二雄氏が「ドラえもんはこういう声だったんですね」と認めるほどのはまり役だった。