我が家は家族揃って、土曜朝に放送されている「ぶらり途中下車の旅」が大好き。息子も他の旅番組じゃダメなんです。滝口さんの声で分かるみたいですね。ここ数ヶ月で何度か浅草で途中下車していたので、今日は家族で浅草に遊びに行ってきました。ぶらり途中下車ではなく、目的地でしたが。

P1000769

家族で浅草に行くのは初めてだったのですが、実は浦和から浅草までは30分弱で、意外に近いんですね(東北線で浦和→上野が20分、上野→浅草が5分)。しかし、ヒビキが「青い電車(京浜東北線)」に乗りたいというので、少し余計に時間をかけて行ってきました。

P1000762

まずは仲見世を通り、定番の浅草寺へ。雷門では、番組で舞の海が覗き込んでいた大きな提灯の底を見てきました。実はここには龍が彫り込んであるんです。ところどころ赤く、ヒビキはそれを海老だと思っていたようですが、間近に見て龍だと分かったようです。

P1000774

浅草寺では賢く(?)なれるように煙を頭に。そして無病息災で身体にも。水で手を清める場所もあったのですが、何事も初めてのヒビキは興味津々です。

続いて、遠くにタワーが見えた「ゆーゆーち(ゆうえんち)いきたい」と言うので、花やしきへ。WINSの横を通り抜け、煮込みをつまんでビールを飲みながら競馬新聞を読んでいるおじさんたちの横を抜け、花やしきへ。大人900円、2歳児無料、11枚綴りの回数券が1,000円でした。大体、一つの乗り物で2枚消費します。2歳児もチケットが必要です。

P1000788

ということで、タクシー運転手に。他には空中サイクリング(?)ができるヘリコプター、スワンの乗り物に乗りました。

お昼を過ぎていい時間だったので、お昼を食べるために国際通り方面へ。やはり途中下車の旅で登場した「上湯炒飯(しゃんたんちゃーはん)」が食べられるお店を探したかったんですが、あいにく事前の調査が悪く見つけられず。普通の炒飯、自家製XO醤、そしてスープでお茶漬け風にと一回で3回美味しい感じだったのですが、見つけられず残念でした。

しかし代わりに、太鼓の店を発見。太鼓好きのヒビキのために太鼓を買ってあげたいと思っていたのですが、太鼓を売っている楽器屋などなく、見つけられないでいたのでした。ようやく見つけた太鼓屋に興奮気味に入っていったのですが、一番安いものでも25,000円程度もしたので断念しました。代わりに子供用の“ばち”を購入。これでシャドー太鼓に励んでもらうこととしましょう。ちなみに、1本210円かと思いきや、2本で210円でした。激安。

なかなかお昼を食べる店を決められず、ぐるぐると回った挙げ句に入ったのがROX側の「万豚記」です。ラーメン屋だったのですが、意外にメニューも豊富でした。担々麺が名物のようだったので、ぼくはそれを頂きました。いわゆる普段食べている担々麺とは違い、香辛料がたっぷりと使われている感じで初めて食べる味でした。美味でした。嫁とヒビキは茄子のあんかけご飯だったのですが、ヒビキがバクバク食べていたのは驚きました。普段は食が細いのですが、余程美味しかったんでしょうね。

P1000828

昼から生ビールを飲んで至福。次回は別のものを食べてみたいと思います。という感じで、もう一度行きたい店です。

帰り際には“芋きん”が名物だと言う満願堂で、焼き芋ソフトクリーム280円を食べました。これまた食後に美味。焼き芋風味が美味しかったです。

楽しい浅草探訪でした。近いので、是非また行きたいと思います。

ところで、浦和駅は高架工事がもうすぐ始まるのですが、完成すると湘南新宿ラインで横浜まで直通になるので、中華街もまた楽しみです。浦和より北東はクルマでもいいですが、やはり南下するのは電車が便利です。