スポンサードリンク

【写真で見る】ホンダブースの新型「FIT」と「Honda e」【東京モーターショー】

スポンサードリンク

東京モーターショー・ホンダブース

新型「FIT(フィット)」5タイプが発表された「東京モーターショー2019」のホンダブースを写真でご紹介します。

スポンサードリンク

新型「FIT(フィット)」は5タイプ

東京モーターショー・ホンダブース 1

4代目となる新型「FIT(フィット)」には「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「NESS(ネス)」「CROSSTAR(クロスター)」「LUXE(リュクス)」という5タイプがラインナップされています。

東京モーターショー・ホンダブース 2

特徴は4つの心地よさです。

・心地よい視界
・座り心地
・乗り心地
・使い心地

東京モーターショー・ホンダブース 3

設定されるのは5タイプです。

・BASIC(ベーシック)

デザイン性と快適性を備えた基本のタイプとして、やわらかな表情をつくるフロントフェイス、シームレスで流れるようなフォルムなど、親しみを感じさせるシンプルなデザインとしました。

・HOME(ホーム)

良質な素材を用いたナチュラルな風合いの織物のシート、本革ステアリングやプライムスムースのソフトパッドなど、全体のカラーや素材を揃え、質感が高くリラックスできるこだわりの空間を目指しました。

・NESS(ネス)

気分が盛り上がるカラーコーディネートとともに、シートとインパネソフトパッドの表皮に撥水性の高い素材を採用。ドライブをよりいっそう楽しんでいただけるよう、フィットネススポーツのような、軽快でファッショナブルなタイプとしました。

・CROSSTAR(クロスター)

街にもアウトドアにも似合うCROSSTAR専用のエクステリアデザインと大径タイヤを採用。インテリアには、シートとインパネソフトパッドの表皮に撥水性の高い素材を採用するなど、コンパクトでありながらタフなイメージを高めました。

・LUXE(リュクス)

優雅で心地よい時間が過ごせる空間を目指し、質感や手触りのよさを追求した専用の本革シートを標準装備。エクステリアには、プラチナ調クロームメッキや専用デザインの16インチアルミホイールを採用し、上質感を高めました。

東京モーターショー・ホンダブース 4

コンセプトモデルとしての5タイプではなく、実際に5タイプから選べるというのは興味深いです。

東京モーターショー・ホンダブース 5

個人的にはクロスオーバータイプの「CROSSTAR(クロスター)」は気になります。ルーフレールが大好き。

東京モーターショー・ホンダブース 6

初めて実物を見た「Honda e」

東京モーターショー・ホンダブース 7

ホンダ初のEVということで気になっていた「Honda e」も、ようやく実物を見ることができました。

東京モーターショー・ホンダブース 8

主に正面からの印象が強かったのですが、横から見るとこんな感じなのですね。イメージとしては、もう少し寸詰まりなのかと思っていました。

東京モーターショー・ホンダブース 9

でも丸目はかわいいです。

ガチャガチャ搭載のガチャVAN

N-VANのガチャガチャ仕様カスタムもありました。

東京モーターショー・ホンダブース 10

こんなに詰めますよ、ガチャガチャを! というアピールはもユニークですね。

NSX

最後に「NSX」もどうぞ。

東京モーターショー・ホンダブース 11

東京モーターショー・ホンダブース 12

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

日産が東京モーターショーでEVのSUV「アリア」とEV軽自動車「IMk」を発表したけれどより世界にインパクトを与えそうなのは? #日産あんばさだー

次へ

【写真で見る】スズキブースの「ハスラー」が「༼´◉◞౪◟◉༽」と完全に一致&レトロフューチャーな「ワクスポ」【東京モーターショー】