スポンサードリンク

ちょっと悲しい‥‥1代で消えてしまったクルマ5選

スポンサードリンク

B008DNXDQ4

短命には理由がある? フルモデルチェンジなく1代で消えたクルマ5選という、ちょっと悲しい記事があったのでご紹介です。絶対に日産「ラシーン」が出てくるんだろうなぁ、と思って読みました。

ほかにも歴史の長いクルマがありますが、その一方で初代が発売され、フルモデルチェンジすることなく販売を終えていったクルマもあります。

スポンサードリンク

ということで、記事でピックアップされている5車種は次の通りです。

・日産「ラシーン」
・トヨタ「プログレ」
・ダイハツ「ソニカ」
・スズキ「X-90」
・ホンダ「エレメント」

やはり「ラシーン」があった!

「ラシーン」て隠れた人気車で、今でもたまに走っているのを見かけますよね。学生時代の同級生が乗っていたことを思い出します。CMキャラクターはドラえもんでした。羅針盤のラシーン。

生産終了から18年が経過しているものの、今でも人気で中古車専門店もあるそうです。本当だ「日産ラシーン専門店」がありました。

トヨタ「プログレ」とダイハツ「ソニカ」は覚えているのですが、スズキ「X-90」はすっぽり記憶から抜け落ちていました。ココから写真を確認できますが、かなり個性的です。2シーターSUVってコンセプトが凄い。2年で販売終了したそうです。

ホンダ「エレメント」も一時期は街で見かけましたし、何より「仮面ライダー響鬼」に登場していたんで思い出深いクルマです。

B000A7T3TM

今なら受け入れられそうな気がしますが、どうでしょうかねぇ?

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【LINE Pay】新宿の「スターバックス」6店舗でコード支払いが可能に

次へ

「イーブイ好き→いぶすき」語呂合わせで指宿市にイーブイのマンホールが爆誕