スポンサードリンク

運転免許証の有効期限の表記を西暦に

スポンサードリンク

B00U3MDTXA

警察庁が、運転免許証の有効期限の表記を2019年春より西暦に変更することを決めています。運転免許証の有効期限、西暦表記に 来春にもという記事になっていました。

警察庁は2日、運転免許証の有効期限の表記を現在の元号から西暦に変更する方針を決めた。パブリックコメント(意見募集)を経て道路交通法施行規則を改正する。システムの改修などが必要なため、変更は来春以降になる見通し。

スポンサードリンク

2019年春というのは「早ければ」くらいかもしれませんね。

有効期限を和暦から西暦に変更する理由は「外国人の免許保持者が増加しているため」というものだそう。

しかし「生年月日や交付日は現行通り元号で表記するため、和暦と西暦が混在する」ということもあり、全て西暦に変更したほうが分かりやすいのではないかと思いますが。

関連記事

【雑学】免許証番号の末尾は失効回数

「AT小型限定普通二輪免許」教習日程が3日から2日に短縮へ

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2018/08/06 13:00)「歴史に学ぶくらいならワンピースを」日本史学者・呉座勇一の警告

次へ

【Kindleセール】期間限定無料「夏☆電書」なんでも揃うヤングマガジン特集(8/16まで)