スポンサードリンク

スズキ「クロスビー(XBEE)」発売 〜ハスラー大型化

スポンサードリンク

2017 12 25 1650

スズキが人気の「ハスラー」を大型化、1,000cc版を投入することを予告していましたが「クロスビー(XBEE)」として発売が開始されました。「クロスビー(XBEE)」のこの見た目‥‥「ハスラー」そのままな気がする!

というか、MINIに大きなモデルが登場した時のような既視感がありますが‥‥そのまんまじゃんと思いつつ、見慣れると悪くないかな、とか。「ハスラー」が軽自動車だから手を出しにくかった人には「クロスビー」は良さそうな気がします。

スポンサードリンク

スズキ「クロスビー」発売 新型クロスオーバーワゴンによると、

ワゴンの室内空間とSUV(スポーツタイプ多目的車)の走破性、実用性を兼ね備えた「クロスオーバーワゴン」

と位置付けられているそうです。価格は176万5,800円から。

今は子供のサッカーの送迎があるので7人乗りのフリードに乗っていますが、それが終われば一回り小さいクルマでもいいかなぁ、と思うんですよね。今なら「イグニス」もいいなぁと思っていたのですが「クロスビー」も良さそうだなぁ。

■関連記事

スズキから新型車「クロスビー」登場。1.0リッター直噴ターボ+マイルドハイブリッド搭載 - Car Watch

これまで真上からの俯瞰映像のみが表示できた「全方位モニター用カメラパッケージ」に、「3Dビュー」を追加。さらに、左右から近づいてくる人や物を検知するとブザーと画面表示で警告する「左右確認サポート機能」を搭載し、発進時や見通しのわるい路地から大通りに出るときなどの安全性を向上させた。

スズキ クロスビー、ワゴンとSUVを融合させた新ジャンル…176万5800円より | レスポンス(Response.jp)

パワートレーンは最高出力99psを発生する1.0リットル3気筒直噴ターボエンジンと6ATを組み合わせ、高剛性と軽量化を両立する新プラットフォーム「ハーテクト」に搭載。1.0リットルターボ初採用となるマイルドハイブリッドにより、余裕のある走りと22.0km/リットル(2WD車)の優れた燃費性能を実現する。

【新車】スズキ・XBEE(クロスビー)は「ワゴン・ワイドR」の二の舞にならない? | clicccar.com(クリッカー)

鈴木社長は、ハスラーとクロスビーを2台並べてもらえれば違いがよくお分かりいただけると思いますし、かつての「(なんとか)ワイド」とは違い(ワゴンRワイドのこと)、今回はクロスビーという名前もあると強調。

スポンサードリンク

前へ

出版市場規模はピークだった1996年のほぼ半分に

次へ

【Kindleセール】【期間限定無料&99円】「冬☆電書」年末マンガに没頭したいあなたのためのマンガ特集(1/4まで)