スポンサードリンク

【首都高】2016年4月より料金改定 → 普通車の上限は1,300円、下限は300円に

スポンサードリンク

4398720359

2016年4月より、首都高が新たな料金プランに移行することが発表されています。4月(予定)からの首都高の新たな料金(案)についてというアナウンスが出ていますが、それによると現行の「6km毎の料金距離に応じて加算される料金体系」から「0.1km毎の料金距離に応じて10円単位で加算される料金体系」になるということです。

普通車の場合、上限料金は1,300円、下限料金は300円となります。現金車は、普通車の場合、一部の区間を除いて1,300円をお支払いいただきます。

ETC搭載車は10円単位で課金される料金体系になりますが、現金払いの車は普通車だと1,300円となります。

スポンサードリンク

距離に応じた料金は、普通車の場合は以下のようなグラフになります。

2016 02 24 1032

これで見ると、20kmくらいまでは新料金が安くなり、それ以降は新料金の方が高くなります。距離を乗れば乗るほど、料金が加算されるということになります。上限は1,300円です。

ちなみに、距離を調べてみる三郷から渋谷までが約35kmでした。都心を移動するくらいであれば料金はこれまでも安くなり、常磐道から東名高速に抜けるような都心を横断する場合は、上限の1,300円がかかるようになるくらいでしょうか。

2016 02 24 1042

自分が免許を取得した四半世紀くらい前は、首都高は一律700円だったような記憶があります。ETCを使うようになってからは、ちょっと料金に関しては無頓着になっていたかもしれません。

(via carview!

スポンサードリンク

前へ

「Y!mobile」2016年3月4日よりiPhone 5sを販売開始

次へ

駅伝で飛び出してきた犬で選手が転倒、飼い主を書類送検