2015 07 07 0912

パイロットという呼び名が相応しい出で立ちですよね。未来を感じさせるトヨタの電動三輪パーソナルモビリティ「i-ROAD」が、第4・5期試乗パイロットの募集を開始していました。未来のクルマ トヨタ「i-ROAD」で1か月通勤してみない?―試乗パイロット、本日(7月6日)募集開始 - えん乗りという記事になっていました。

今回募集開始された第4・5期パイロットの対象者は、東京都内在住の普通自動車免許保有者。募集期間は7月6日から8月16日までで、パイロットに選ばれた場合の試乗期間は第4期が2015年11月21日から12月19日、第5期は2015年12月26日から2016年1月23日までとなる。

ヤマハの「TRICITY」に屋根がついたような形状で「ハンドル操作にあわせて左右の前輪が上下に動き」ということなので、恐らくスポーティな乗り味も似ているのではないかと思います。雨が降っても大丈夫、ヘルメットが必要ない、といったところが違いでしょうか。

2015 07 07 0922

「i-ROAD」とは、トヨタが開発中の電動3輪車。狭い場所でも取り回しやすい幅87センチの小型サイズが特徴。通常のクルマの1/2~1/4のスペースで駐車できるため、店舗や住宅の軒先、駐車場の角、使われていない空きスペースなどを駐車場として利用できる。

サイズ的にはクルマの半分ほど駐車スペースで大丈夫だと思うのですが、しかしバイクの駐車スペースでは小さい気がしますし、やはりまずは停める場所の確保が重要になるでしょうね。街に「i-ROAD」が溢れるような環境になってきたら面白いのではないかと思います。

カブク、トヨタ i-ROAD にカスタマイズパーツの提供を開始 | レスポンスという取り組みも行われているようです。

トヨタのi-ROADに試乗した!事故らないための3つの注意点と価格という試乗レポートによると、カーブでテールが膨らむという注意点があるそうで「講習でも何度も真ん中を走ってくださいと念押し」されるそうです。

駐車スペースはあるので試してみたいのですが、残念ながら東京都内在住が条件でした。プロジェクトに興味のある方はコチラからチェックしてみてください。