2014 02 21 0942

神奈川県箱根町に、エヴァンゲリオン仕様のご当地ナンバープレートが登場するということで話題になっています。限定390枚、争奪戦が繰り広げられそうです。エヴァ仕様のご当地ナンバープレートが登場! プレミア必至の限定390枚という記事になっていました。

箱根町は、現在の「箱根町仙石原」が「エヴァンゲリオン」の物語の中心地「第3新東京市」として登場することから、これまでにも同アニメとのタイアップ企画を行ってきた。

今回、発表されたナンバーは原付またはミニカー用です。予定交付枚数は「50cc以下(白色)が300枚、50cc超90cc以下(黄色)が25枚、90cc超125cc以下(桃色)が50枚、ミニカーが15枚」ということでね合計390枚となっています。

110ccのスクーターに乗っているので、箱根に住んでいたらエヴァンゲリオン仕様のナンバー、欲しかったですね。

交付に関する詳細は、原動機付自転車・ミニカーの箱根ナンバープレートの交付が始まります!|箱根町として発表されていますが「安全確保のため前日や早朝からの場所取りはご遠慮ください」「交付は先着順ではありませんのでご注意ください」といった注意が記載されています。交付順は抽選だそうです。

住民登録がない場合は、住所地が箱根であることを証明できるもの(消印付の郵便物・公共料金の支払領収書等・賃貸契約書等)及び、住民登録地での住所が記載されている免許証の写しの添付が必要です。

箱根在住ののエヴァンゲリオンファンはチェックです!

2014 02 21 0951

ちなみに、エヴァンゲリオン仕様だけでなく「HAKONE」というご当地ナンバープレートも同時に交付されます。こちらも渋い。