2014 01 28 1116

ドラゴンボールに出てくるんじゃないの!? という出で立ちの、鳥山明的世界から飛び出してきたようなデザインの一輪バイク「Ryno」が、いよいよ事前予約した人に向けて出荷されるそうです。一輪の電動バイク「Ryno」、出荷開始へ « WIRED.jpという記事になっていました。

オレゴン州ポートランドに本拠を置くRyno Motors社は2014年4月から、事前予約分の「Ryno」の出荷を開始する予定だ。25インチのタイヤが時速16kmで走る、電動一輪車だ。

うおー、これは乗ってみたい!

「Ryno」の乗り方は、普通のバイクのようにアクセルをオン/オフするのではなく、セグウェイのように前傾姿勢を取ると加速するそうです。スピードを緩める時は、その反対ですね。

20%までの勾配に対応できるので、坂が多いサンフランシスコの街でもほぼ問題ない。12VのDCチャージャーを使ってフル充電するのに約6時間かかる。1回の充電につき、約16kmまたは1時間は、連続して最高速度で走れるとのことだ。

使い方としては、チョイ街乗りといった感じでしょうか。仮に浦和で使ったとすると、浦和駅と埼玉スタジアムを往復するのはちょっと厳しそうだなぁ。

2014 01 28 1122

未来すなぁ。ちなみに、価格は5,295ドルのようですね。「公園警備やモールのセキュリティガードが使う乗り物としても関心を持たれている」のだとか。セグウェイとの違いは、両手放しできるところだそうです。

もともと「13歳の娘が、ヴィデオゲームで見た一輪のバイクをスケッチして、同じものがつくれないかと頼んできた」のが「Ryno」開発のきっかけだそうです。夢が現実になっちゃった訳ですね。凄い!