年間マイカー維持費はタクシー初乗り1100回分との試算という記事より。

「まず、年間の維持費がバカになりません。そのうえ、住宅とは違って6年ほどで次々に買い替えていくものなので、高価な車種に乗っていなくても、マイカーにかかる費用は生涯で3000万円を超える。つまり家が一軒建つほどの出費になる、とんでもない“カネ食い虫”なのです」

「家計の見直し相談センター」の人が、クルマの維持コストを計算しています。それによると、生涯で3,000万円ですって。ゲエエエエエエ。

車体の費用200万円を、60回払いのローンで払うとすると、月々3万5000円で年間42万円。駐車場代は月1万円として年間12万円(ただし、都心部なら月3万円は下らない)。これらに加え、車検代(1年あたり7万5000円)、保険料(5万円)や自動車税(3万4500円)は、車に乗らなくても毎月かかるコストだ。

他にもガソリン代やエンジンオイル、タイヤ交換などの整備費用、高速代などなど、年間で80万円ほどの維持コストがかかっているという試算です。ゲエエエエエエ。

分かっている。分かっているんです。だけど、ちょっと買い物とか、子供のサッカー少年団の送り迎えとか、やっぱりクルマがあると便利なんですよね。

まあ、クルマを持たない生活というのも考えられないので、そういう意味ではコストに見合った価値を感じている、ということでしょうかね。

さて、この維持費をタクシー初乗りに換算しております。

マイカーにかかる年間80万円があれば、たとえば東京の場合、タクシー初乗り710円なら年間1100回以上、つまり2km以下の近距離なら毎日3回以上も乗れる計算になる。3kmほどをマイカー通勤しているのなら、同じ距離のタクシー料金は1500 円程度。80万円あれば、年間270回乗ってもおつりがくる。これなら平日はほとんどタクシーで通勤できることになる。

まあでも3kmをマイカー通勤する人もあまりいないような。

とはいえ、あまりクルマは持っていないけどとりあえず維持している、という人は一度、コストのあたりを勘案してみると良いかもしれませんね。