中高年がバイク下支え 新車購入7割が40代以上という記事より。

自工会の調査では、〇一年度の新車購入者に占める四十代以上の割合は44%だったが、〇九年度には71%に急上昇。一方で二十代以下は、35%から12%に低下し、平均年齢は四七・四歳と「高齢化」が進んでいる。

「バイクの新車販売の低迷が止まらない」ということで、ついに販売台数が電動アシスト自転車に抜かれる見通しなのだそうです。

「排ガス規制への適合に伴う価格の上昇」という理由も挙げられていますが、若い人がバイクを購入しなくなっているということです。

バイクも趣味的な乗り物ですからね。そこにお金をかける余裕がない、というのが現実的なところなのかもしれません。

「若者が乗ってくれないと、バイク市場はますますじり貧になる」という関係者のコメントが紹介されていますが、果たして低価格商品の投入で若者がバイクに戻ってくるのかどうか。

そんなバイク市場を支えているのは「かつての若者」である中高年ライダーだそうです。新車購入の平均年齢は、なんと47.4歳とのこと。

個人的には250ccでは大きいので、125ccあたりの魅力的なスクーターがもっと増えるといいんじゃないかな、とも思うのですが。ホンダ「FAZE」もいいけど、高いですよねぇ。

あとはもう少し、免許取得が簡単になると良いかもしれませんね。