<どんな車もEVに>元F1メカニックが改造 充電4時間で70キロ走行という記事より。

北九州市八幡西区穴生の自動車整備会社「城野レーシング」が改造EV車製作に取り組み、第1号のデモ車が8月、車検に合格した。改造費は約150万円という。走行距離が短いなど課題も多いが、どんな車でも改造できるといい、同業者らから問い合わせが相次いでいるという。

電気自動車、すなわちEVは大手自動車メーカーも取り組んでいて、なかなか大変な事業であるという一方で、こうした自動車整備会社でも参入できるものなのですね。

もちろん、リチウムイオン電池ではなく鉛電池を試用するといった、電池性能などに違いがある訳ですが、中古車を150万円で改造できてしまうそうです。

デモ車は1200CCの小型車を改造。エンジンルームからエンジンを取り外し、モーターや電池などを取り付けた。最高時速は110キロ。給油口に設けたコンセントを介して家庭用電源から充電する。

家庭用電源から充電可能で、4時間のフル充電で100円以下の電気代となっています。走行距離が70kmと短いのが難点ですが、近場で買い物や通勤に利用するなら、けっこう良さそうです。

量産されるようになれば、さらに改造費も安くなりますよね。遠くの旅行にはレンタカーや公共交通機関、近場は改造EVで、みたいな人も出てくるでしょうかね。

なお「城野レーシング」の城野社長は元F1メカニックで、イギリスの「ティレル」に参加した経験もあるそうです。