2009-11-19_1813.png

ホンダ「インサイト」が、日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RCJ)の2010年次RJCカーオブザイヤーを受賞しています。

2010年次RJCカーオブザイヤーの最終選考が行われ、3部門のイヤーカー(テクノロジー)決定しました。選考は11月17日にツインリンクもてぎにて、最終試乗会の後、選考委員の投票により行われ以下のような結果になりました。

得票数は以下の通りです。

・インサイト 396
・i-MiEV 285
・プリウス 247
・アクセラ 216
・スプラッシュ 149
・レガシィ(ツーリングワゴンB4アウトバック) 132

数字の上でも圧倒的な感じでしょうか。

2010年次RJCカーオブザイヤー(インポート)を受賞したのは「アウディ Q5」です。

・アウディ Q5 339
・ゴルフ/GTI 301
・アルファロメオ・ミト 285
・Sクラス・ハイブリッド 202
・Eクラス・セダン/クーペ 350/550 154
・308CC 4シータークーペカブリオレ 144

2010年次RJCテクノロジーオブザイヤーは「マツダ アクセラ」の「アイドリングストップ機構“i-stop”アイストップ」です。

■関連記事

ホンダのインサイトをRJCカー・オブ・ザ・イヤーに選出

インサイトは200万円を切る価格で発売。買い求めやすいことが消費者に支持されてハイブリッド車として初めて国内の月間の車名別新車販売台数で首位となった。

ホンダ「インサイト」がRJCカーオブザイヤー受賞

燃費が最も悪くなる加速時にモーターがエンジンをアシストする独自のハイブリッドシステムを採用。他の車種と部品約1万点を共通化するなどのコストダウンで低価格化を実現した。