2009-08-07_1143.png

明日からお盆休みに突入、クルマで旅行に行く人も多いでしょう。今年はETCで1,000円もありますので激しい渋滞も予想されます。ということで、渋滞予測のサイトをチェックです。

JARTIC 日本道路交通情報センター | 渋滞予測

2009-08-07_1148.png

高速道路と一般道路に分かれているのですが、やはり注目は高速道路でしょうか。

路線、日付、地域から選択して渋滞予測を調べることが可能です。

2009-08-07_1149.png

試しに日付から見てみると‥‥

2009-08-07_1150.png

渋滞予測のところは赤い線になっていて、そこにマウスオーバーすると詳細な情報が表示されます。これはなかなかよくできていますね。

さらに地域で表示させると‥‥

2009-08-07_1153.png

日付も変更することができるので、この見え方も便利ですね。

あくまでも渋滞の予測でしかないので実際と異なる可能性もありますが、それでも闇雲に行くよりは目安となって良さそうです。

「夏の観光地の渋滞予測」をPDFでダウンロードすることもできます。

ネタフルではお盆休みの渋滞ピーク予想2009というエントリーも書いています。

渋滞については、渋滞回避のキーワードは時速70km、車間距離40mなぜ渋滞が発生するのか?というエントリーもどうぞ。

渋滞学 (新潮選書) (単行本)

4106035707

「渋滞」の先頭は何をしているのか? (宝島社新書 291) (新書)

4796658432

■関連記事

平日の「上限1000円」始まる 渋滞は予想より小規模

お盆期間中に地方圏の高速道路料金を平日も上限1000円にする大幅割引が6日、スタートした。日本道路交通情報センターによると午前9時現在、中国道下り線の宝塚東トンネル(兵庫県)と吹田インター(大阪府)との間で、帰省や行楽の車による約17キロの渋滞が発生しているが、事前の予想より渋滞は小規模という。

ETC割引で夏休み「帰省」4割に増加

調査によると「帰省をする」と回答した人の割合が39・8%で、昨年調査の27・1%から12・7ポイント増加。「自宅でゆっくり」は66・2%で最も多かったが、昨年の73・5%から大幅に減った。