アメリカのTerrafugia社が「Transition」という、自動車と軽飛行機を合体させた乗り物の開発に成功し、初飛行に成功したそうです。まずは動画でどうぞ。

翼を折り畳む変形がカッコイイ!

こうしてみると、クルマにもなる軽飛行機、という塩梅でしょうか。

夢が実現!? 空飛ぶクルマ、初飛行に成功という記事によれば、

Terrafugia社は2006年、マサチューセッツ州に設立。MIT(マサチューセッツ工科大学)出身の5名のパイロットが、空飛ぶ車の開発を進めてきた。同社のコンセプトには世界中の投資家が賛同。トランジションの完成にこぎつけた。

ということです。自動車が飛行機に変形するとか、ありそうでなかったですもんね。飛行機に変形しても、燃料はクルマと同じくガソリンでOKだそうです。

軽飛行機への変身はわずか30秒で、左右に跳ね上げた翼をセットするだけで完了する。飛行性能は185km/hで、約724kmを移動できる。

185kh/hで飛ぶんですねぇ。しかも700km以上も飛べるって、すごいぞ。スポーツパイロット免許で飛べるそうです。

車としての性能も、最高速104km/hに燃費12.7km/リットルと普通です。4人乗り。長距離移動は飛行機モードで、という感じなのでょうね。

価格は「約19万4000ドル(約1900万円)を予定」だそうです。

もちろんオフィシャルサイトもあります。

2009-03-19_1720.png

フォトギャラリービデオギャラリーもどうぞ。