トヨタが現行プリウスを190万円に引き下げ インサイトに対抗という記事より。

トヨタ自動車は、現行のハイブリッド車(HV)「プリウス」を大幅に値下げする。現行の最低価格は233万1000円だが、5月の新型プリウス発売のタイミングで、最低価格を約190万円に引き下げる。

ホンダ「インサイト」が好調なのを受けて、トヨタが「プリウス」を値下げするそうです。現行の最低価格233万円から190万円に大幅に値下げされます。

元祖ハイブリッド車としては、この事態を黙って見ている訳にはいかない! といったところでしょうか。それにしても、数十万円の違いでこれほどまでに火がついてしまうんですね。

「インサイト」の最低価格が189万円で「プリウス」が190万円となると、価格差というのはほとんど無くなります。あとは性能とオプションあたり?

現行の2代目プリウスはモデル末期ながら人気が衰えないことから、同社では異例の2代目、3代目モデルの併売を決めた。特に2代目は、価格面を重視する商用分野などを意識する。加えて、インサイトとの比較対照車とするため、現行価格から約40万円も引き下げた新価格体系にする。

どちらに軍配が上がるのでしょうねぇ。楽しみですが。

トヨタプリウス―NHW20プリウスの定番メンテナンス&カスタマイズ (モーターファン別冊 No.1 Car Guide 6) (モーターファン別冊 No.1 Car Guide 6)

トヨタプリウス―NHW20プリウスの定番メンテナンス&カスタマイズ (モーターファン別冊 No.1 Car Guide 6) (モーターファン別冊 No.1 Car Guide 6)

■関連エントリー

ホンダのハイブリッド「インサイト」は189万円
ホンダ「インサイト」受注が1万台を突破
ホンダ「インサイト」販売台数約5,000台で10位(2月)