Travel alberta 2580

日本から海外用モバイルルータは用意して行ったものの、直前に購入した「iPhone 6 Plus」がせっかくSIMフリーなので、カナダの現地SIMカード(nano SIM)を試してみたいと考えていました。事前に調べていたところだと、どうやら「WIND」というキャリアが月額35ドルでデータ通信が無制限で良さそうだということが分かりました。

カナダのSIMカードはどれを購入した?

バンクーバー空港でnano SIMがなかったので、Vancouver City Centre(バンクーバー・シティー・センター駅)からGranville(グランビル駅)に徒歩で向かう途中に探してみようということになりました。

駅構内のドラッグストアが拡張した量販店のようなところで聞いたところ「WIND」の取り扱いはなく「fido」というキャリアの話を聞きました。しかし、これは1GBで30ドルということで「WIND」と比べると割高に感じます。

その後、地上に出て歩いていたところ、偶然にも「WIND」を取り扱っている携帯ショップに遭遇しました。早速、話を聞きました。

Travel alberta 2577

「WIND」をメインに取り扱っているキャリアのようで、スタッフが二人とも「WIND」のロゴ入りTシャツを着ていました。

カナダのSIMカード「WIND」を購入

Travel alberta 2576

料金表によると、例の月額35ドルでデータ使用量無制限というプランがありました。行き先がアルバータ州であることを告げると、山の中はどうか分からないけれど、とりあえず使えるとのことだったので、その場で契約しました。

スタッフがnano SIMを差し換え、アクセスポイントの設定など一通りをしてくれました。その後、35ドル(税込で39ドル)をクレジットカードで支払うと、アクティベーションのSMSが届き始めました。

Travel alberta 2578

30分ほどで、ぼくの「iPhone 6 Plus」はカナダ仕様になりました。カナダ国内で使える電話番号もSIMカードにはついています。

カナダのSIMカード「WIND」はどう?

実際の使い心地ですが、基本的には3Gと表示されていますが、まあまあ普通に使えています。日本と比べると遅いですが、すぐに慣れました。ただ、エリアに関しては「イモトのWi-Fi」が使用している「ROGERS」というキャリアと比べると狭いようです。

街中では問題ありませんが、例えば「WIND」が地下鉄が繋がらなかったり、山の中に入ってくると「ROGERS」は大丈夫だけれど「WIND」が繋がらないといったことがしばしば起こってきます。まだアルバータ州に移動していないのでなんとも言えないところではありますが、恐らくある程度の人口密度のところで使う分には「WIND」でも問題ないのでしょう。

なお「WIND」のSIMカードではテザリングができません。そのため、通常の使用では「iPhone 6 Plus」に現地SIMカードがとても便利ですが、こうしてブログをきっちりと書くような時には、モバイルルータを起動するといった使い分けをしています。

初めて海外でSIMフリー端末を使っているのですが、エリアの問題はあるにせよ、モバイルルータとiPhoneのバッテリを気にしたり、圏外になっていないかカバンから取り出して確認したりといった作業が必要なのは、とても便利だと感じています。

追記:カナダでSIMカードを購入!iPhone 6 Plusで試してみて分かったカナダのプリペイドSIM事情という記事を書きました。

#今回の旅に関するその他の記事は「カナダ」カテゴリをぜひご覧ください!

Travel alberta banner

今回のカナダ・アルバータ州のブログ取材について

アルバータ州観光公社から取材の依頼を頂き、カナダ・アルバータ州をブログ取材します。2011年夏、2014年冬に続く3度目のカナダ取材です。

過去のカナダ・アルバータ旅の記事

カナダ・アルバータ州・バンフのブログ旅まとめ(ロッキー山脈とスキーと犬ぞりとアルバータ牛と) #冬のカナディアンロッキー

【ネタフル・カナダ支局】カナダ・アルバータ州ブログ旅まとめ(恐竜と先住民とスタンピードと)