Alberta tour

Canada banff a 0415

日本でもなかなか体験できないだろうアクティビティの一つが、この"犬ぞり(dog sledding)"体験ではないでしょうか? 犬たちがぐいぐいとソリを引っ張る速度は、時速16km! 昔はこうやって移動していたんだなぁ、なんてことにも思いを馳せたアクティビティでした。

Canada banff a 0360

犬ぞり体験ができる場所までクルマで移動すると、既に犬たちが準備中でした。

Canada banff a 0361

トラックの荷台に積まれた、集合住宅のようなキャリアに乗って、近くの街からやってくるそうです。

Canada banff a 0362

犬たちは腹ごしらえをしていました。

Canada banff a 0363

これがソリで、前後に二人で乗ります。

Canada banff a 0365

犬ぞりを引っ張るのはハスキー犬たちです。満腹になると「俺を走らせろ!俺を選べ!」とばかりに、吠え立てます。みんなやる気満々です。

Canada banff a 0371

とはいえ、中には大人しい犬もいて、犬たちの性格もそれぞれだなぁ、と思いました。

Canada banff a 0369

犬たちの準備も始まります!

Canada banff a 7588

靴下を履いている犬もいました。

Canada banff a 0375

後ろ足だけ靴下を履いている犬も。

Canada banff a 0376

犬ぞりは8頭の犬たちによって引かれるのですが、メンバー表も配られました! よろしくね! という気分になりますね!

Canada banff a 0378

「さあ行くぞ、おまえたち」

Canada banff a 0379

よろしくね!

Canada banff a 0384

よろしくね!!

Canada banff a 0383

実際に犬ぞりに乗っている他のチームの様子はこんな感じです。

Canada banff a 0385

ぼくのチームは紫色のソリでした。

Canada banff a 0386

後部シートに座り、準備OKです。

ふと横を見ると‥‥

Canada banff a 0387

瞳の色の違う犬がいました。

Canada banff a 0389

ソリのストッパーで進みませんが、犬たちは行く気満々です!

ということでスタート!

けっこうなスピードが出ているのが分かるでしょうか? しばらく雪が降っていなかったので、けっこう雪面がゴツゴツしていて、ジャンプ&ジャンプでスリルもありました。

Canada banff a 0390

進む! 進む! 犬ぞりは進む!

Canada banff a 0391

Canada banff a 0396

片道8km、往復で1時間の16kmコースでした。時速16kmですね。地面すれすれに座っているので、けっこうスピード感もありました。

Canada banff a 0405

途中、Uターンしてきたチームとすれ違うこともありましたよ。シャッターチャンスですね!

Canada banff a 0408

行きはほぼ直進だったのですが、帰りは森の中を通りました。この雰囲気が抜群です! 森の中を犬ぞりで疾走!

Canada banff a 0411

後ろで掛け声をかけている男性の声を聞いていたら「ジー(右)」「ホー(左)」といった風に声をかけていることが分かりました。

Canada banff a 0413

開けたところを走るのも、また気持ちが良いです!

Canada banff a 0418

正面から見ると、こんな感じです(撮影して貰いました)。

そして、ゴール!

Canada banff a 0421

犬たち、ありがとう〜〜〜!

ご褒美に肉塊を貰っていました。肉塊がご褒美になるのは、人間と同じですね!

Canada banff a 0423

「犬たちは喉が渇かないのかしら」と思っていたのですが、実は走りながら雪を食べていました。そんな風に水分補給するんですね。

雪原を地面ギリギリにソリで走る‥‥犬ぞりは、冬のカナディアンロッキーならではのアクティビティですね。2時間コースもあると聞いたので、犬ぞりの旅気分を味わうならば、長いコースがオススメです!

追記:

さらに楽しさが分かる動画です!

同行したizumin撮影によるものです。

今回のカナダ・アルバータ州のブログ取材について

アルバータ州観光公社から取材の依頼を頂き、カナダ・アルバータ州・バンフでブログ取材しています。前回、2011年夏に続く2度目のカナダ取材です。今回の旅のブログ記事の一覧は「カナダ旅行」からご覧ください。「カナディアン・ロッキーいいね!」でも旅の様子がまとめられています。