Alberta tour

今回のカナダ・アルバータ州のブログ取材のフライトはエアカナダです。カルガリー行きの直行便です。16時出発の「エアカナダ」AC10便でカルガリーに向かいます。


エアカナダは成田空港第一ターミナルですが、ターミナルの先の方に位置しているので、時間に余裕を持って向かった方が良いでしょう。

カルガリー直行便のフライト時間は10時間10分と表示されていました。当日の朝10時くらいに到着する予定です。なんと、現地の気温は-18度とか!

シートには液晶モニタがあります。映画を見たり、フライトの情報を見ることができます。日本の映画も3本ありました。左側にUSB、右側にコンセントもありました。ただし、全席にUSBやコンセントがある訳ではないようなので、注意が必要です。

機内は2列-3列-2列です。座席は窮屈なことはありません。

17時30分くらいなので、成田空港を離れて1時間半くらいでしょうか、最初の機内食が出てきました。前回はビーフにしたので、今回はチキンにしてみました。パン、春雨サラダ、デザート付きです。

【ネタフル・カナダ支局】エア・カナダは座席が広くてなかなか快適

チキンはジューシーで美味しかったですよ。焼鳥みたいな感じでしょうかね。日本人好みの味ですね〜。白米が進みました!

飲み物はカナディアンビールをチョイスしました。軽めの飲みやすいビールです。カナダはクラフトビール、ローカルビールも色々とあるので、到着してからの食事も楽しみです。

食後は白ワインを飲みながら映画鑑賞しました。途中、ウトウトしながら‥‥。

こんな具合に随時、フライト情報が見られますので、残り時間を考えながら寝たり本を読んだり、ですね。ひと眠りすると、意外に10時間くらいだとあっという間だったりします。

日本時間で言うと、真夜中、0時30分くらいに朝食の機内食です。オムレツとお粥を選ぶことができますが、お粥の方が人気のようでしたよ。フルーツとパンが付いています。ジャム&バター。

玉子と漬物の添えられた、まごうことなきお粥です。寝起きにさっぱりと美味しかったです。

お茶をお願いしたら、SECOND CUPのカップに入って出てきました! ちなみに、カナダでコーヒーと言えばセカンドカップ、なのです。

カナダでコーヒーといえば「SECOND CUP(セカンドカップ)」

そうこうする内に、夜を越え、朝がやってきました。

現地時間10時、無事にカルガリー国際空港に到着です! 日本との時差は16時間です。

荷物をピックアップします。

-18度というのにドキドキしていたのですが、確かに寒い! キーーーーンとした寒さですが、すっきりした気持ち良さもあります。ただし、少し経つと手が冷たくて耐えられなくなりました。流石-18度!

当然ですが、夏とは違いますよね〜。

ということで、ここからカナダ・アルバータ州・バンフの取材が始まります!

今回のカナダ・アルバータ州のブログ取材について

アルバータ州観光公社から取材の依頼を頂き、カナダ・アルバータ州・バンフでブログ取材しています。前回、2011年夏に続く2度目のカナダ取材です。今回の旅のブログ記事の一覧は「カナダ旅行」からご覧ください。「カナディアン・ロッキーいいね!」でも旅の様子がまとめられています。