スポンサードリンク

ヤフーとLINEが経営統合を発表!LINEはTOBで非上場化へ

スポンサードリンク

ヤフーとLINEが経営統合を発表!LINEはTOBで非上場化へ

2019年11月18日、ヤフーを傘下に持つZホールディングス株式会社とLINE株式会社が、経営統合について資本提携に関する基本同意書を締結したことを発表しました。

スポンサードリンク

経営統合を実現するための一環として、Zホールディングスの親会社であるソフトバンク株式会社とLINEの親会社であるNAVERが、LINEの株式を公開買付し、非上場化するということです。

インターネット市場ではアメリカを中心とした海外企業が圧倒的に優勢であり、ZホールディングスとLINEが経営統合することで経営資源を集中し、日本の社会や産業をアップデートしていくとしています。

ヤフーとLINEが経営統合を発表!LINEはTOBで非上場化へ

現状から公開買付(TOB)を経て次のようになります。

ヤフーとLINEが経営統合を発表!LINEはTOBで非上場化へ

関連記事

更新:「LINEはTOBで非上場化へ」ヤフー・LINEが経営統合を正式発表、LINE株式は1株5200円で公開買付け | BUSINESS INSIDER JAPAN

Zホールディングスの経営幹部も一新される。現LINEの出澤剛氏が代表取締役 Co-CEO、現Zホールディングスの川邊健太郎氏が代表取締役社長 Co-CEOを務める見通し。

ヤフーとLINE 経営統合で基本合意と正式発表 | NHKニュース

単純に合算すると、1兆1618億円となります。

これは、ライバルである楽天の去年12月期の売り上げの1兆1014億円を上回り国内の主要なインターネット関連企業でトップになります。

ヤフー・LINE「経営統合ショック」が業界にもたらす巨大インパクト | BUSINESS INSIDER JAPAN

逆にいえば、LINE Payを核に連携を考えていたメルカリ、NTTドコモ、KDDI、加えて楽天、Origamiなどのスマホ決済業者は、加盟店や利用者の獲得について戦略を練り直す必要に迫られる。

ヤフーとLINE、経営統合に合意。日本最大級のインターネット企業が誕生へ - Engadget 日本版

Zホールディングスはソフトバンク、LINEは韓国NAVERというそれぞれの親会社が存在する上場企業ですが、ヤフーとLINEの事業会社がともに新Zホールディングスの傘下企業となり、同社をソフトバンクとNAVERが50%ずつ出資して共同保有する形になります。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】2,500冊以上が40%ポイント還元 「東洋経済新報社フェア」(11/28まで)

次へ

ネタリスト(2019/11/18 11:00)東京にあった「幻の私鉄」たった25年間で消えてしまった理由