2016 06 14 1041

Microsoftがビジネス向けソーシャルメディアの「LinkedIn」を262億ドルで買収しました。これは大きな買収です。MicrosoftがLinkedInを262億ドルで買収、エンタープライズ向けソーシャルメディアに参入 | TechCrunch Japanという記事になっていました。

エンタープライズ、そしてソーシャル・ネットワーク業界における巨額のM&Aの発表があった。Microsoft がLinkedInを買収すると発表したのだ。LinkedInは社会人のソーシャルネットワークで4億3300万ユーザーを抱える。

「LinkedIn」のブランドは残り、Micorosoftのプロダクティビティとビジンスプロセス部門の一部になるということです。

LinkedInの買収で、Microsoftはソーシャル・ネットワークとプロ向けコンテンツにおいて広いリーチを得ることになる。

日本では「LinkedIn」を積極的に使っている人はIT業界でもまだ多くないと思いますが、世界的には大きなユーザーを抱えています。日本でも一時期プロモーションを積極的に行っている時期がありましたが、転職とあまりなじまなかったのでしょうか。

とはいえ、こうしてMicorosoftが買収することで、日本でも「LinkedIn」をプッシュするようになるかもしれませんね。

ちなみに262億ドルは2.6兆円超えです。

■関連記事

速報:マイクロソフト、ビジネスSNS「LinkedIn」2兆7772億円で買収。Instagram、ボーダフォンはいくらで買われたか?(更新) - Engadget Japanese

FacebookのInstagram買収が10億ドル、ソフトバンクのボーダフォン日本事業買収は150億ドル、同社の米Sprint買収は216億ドル、米ベライゾンのAOL買収が44億ドルとなっています。

マイクロソフト、LinkedInの買収を発表--262億ドル - ZDNet Japan

LinkedInはカリフォルニア州マウンテンビューを拠点とするプロフェッショナル向けのSNS企業で、2002年に創業した。2015年時点でおよそ4億人のユーザーを擁する。

MSのLinkedIn買収で、リード・ホフマンとサティア・ナデラが語ったこと|WIRED.jp

MSは、競争力のあるスマートフォンをつくるべく、長年にわたりアップル、あるいはAndroidのあとを追ってきた。しかし、こうなってくるとMSはむしろ、フェイスブックを意識しているのではないかとさえ見受けられる。