4163686703

日産の社長兼CEOとルノーの会長兼CEOを兼務しているカルロス・ゴーン氏に対して、ルノーが開いた取締役会において、2015年の報酬が8億8,000万円であることに対して、持ち株比率にして約54%が「高すぎる」と反対したそうです。ゴーン氏の15年報酬8億8千万円は「高過ぎ」という記事になっていました。

フランスの自動車大手ルノーは29日、株主総会を開いた。カルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)の2015年報酬を「高額過ぎる」として、持ち株比率にして約54%が反対した。直後に行われた臨時取締役会は減額しないことを決めたものの「次年から見直す」とした。

「ルノーの報酬が高過ぎることが、しばしばメディアなどで問題視されてきた」ということですが、実はネタフルでも2013年と2014年にこんな記事を書いていました。

日産カルロス・ゴーン社長の役員報酬は9億8,800万円

日産・ゴーン社長の役員報酬は10億円超?

役員報酬1位は「キョウデン」橋本顧問の12億9,200万円 → ゴーン社長は9億9,500万円で2年連続1位ならず

ルノーの株主総会ということで日産の報酬とは別なのだと思いますが、超高給取りであることが分かります。むしろ、1億円とかでなくて良かったです。ここまでずば抜けてて。

ちなみに、当時は日産の役員報酬の半分がカルロス・ゴーン氏でした。今ももしかしたらそうかもしれませんね。どんな仕事をしているんでしょうね‥‥10億円の仕事がある、と言われても、ぼくなら断ってしまいそうです。