2014 10 08 0925

なかなか「マクドナルド」が苦境から脱することができないでいますね。2014年12月期の連結業績予想が発表され、11年ぶりの赤字となる見込みであることが明らかにされました。170億円の赤字です。<マクドナルド>170億円赤字見通し…社長重く受け止めるという記事になっていました。

日本マクドナルドホールディングス(HD)は7日、2014年12月期の連結業績予想を発表し、最終(当期)損益が170億円の赤字(前期は51億円の黒字)に転落する見通しだと明らかにした。

2003年以来となる11年ぶりの赤字ということです。最終損益も前期51億円の黒字から、170億円の赤字というのは触れ幅も大きいです。営業赤字は41年ぶりだそうです。

「期限切れ鶏肉の使用問題が発覚し、客離れにつながった」とされていますが、それだけじゃない気がしますね。近年の迷走とも思える戦略の失敗が響いているような。

経営改革のために就任したサラ・カサノバ社長は「重く受け止める」とコメントしたそうですが、何らかの結果が出てくるとすればこれからなのでしょう。

打開策として、350円からの手ごろな価格のメニューをそろえた平日昼限定のキャンペーン「昼マック」を8日から始める。全体の価格体系の見直しにも着手する方針だ。

こういう単純明快な分かりやすい価格体系は良いですよね。

2014 10 08 0930

思えば、2007年に都道府県によって価格を変えたあたりから、マクドナルドが分かりにくくなっていったような気がします。安過ぎず高すぎず適正と思われる価格で、シンプルに分かりやすいマクドナルドが良いですね。

カサノバ社長は「エリアは正しいがフォーカスの絞り方が正しくなかった」ともコメントしたようです。