2014 07 12 1247

通信販売大手「ジャパネットたかた」の高田明社長が退任し、副社長を務める長男が後任になることが明らかになりました。ジャパネットたかた社長 来年1月に退任へ 後任に長男の副社長という記事になっています。

通信販売大手ジャパネットたかた(長崎県佐世保市)の高田明社長(65)が来年1月で退任することが12日、分かった。後任は長男の旭人副社長(35)が就任する。

独特のトーンでセールストークをする高田社長でお馴染みの「ジャパネットたかた」ですが、その高田社長が2015年1月で退任することが明らかになりました。持株会社の社長も兼務していますが、そちらに関しては未定です。

高田社長はこれまで創業30年を迎える2016年までに退くことを宣言していたが、13年12月期の経常利益が目標額を上回る154億円になったため、時期を早めて新しい経営体制にすることにした。

家電が売れなくなっているので「ジャパネットたかた」の収益も‥‥なんていことも言われている時期があったのですが、きっちりと結果は出していたようです。調子の良い状態のうちに、息子に引き継ぐようです。

長男の高田旭人副社長は、東京大学を卒業、野村証券を経て2003年に「ジャパネットたかた」に入社、2012年から副社長を務めているそうです。サラブレッドですね。35歳と若いですが、父である高田社長から見込まれてのことなのでしょう。

なお、高田社長はテレビショッピングへの出演は続けるということです。

■関連記事

ジャパネットたかた社長、来年1月退任へ 後任に長男:朝日新聞デジタル

通販大手のジャパネットたかた(長崎県佐世保市)は11日、高田明社長(65)が来年1月に社長を退き、後任に長男の高田旭人(あきと)副社長(35)を充てる人事を固めた。関係者が明らかにした。