2014 06 04 0814

第一生命が、アメリカの中堅生保「プロアクティブ生命」の買収を検討していることが明らかになりました。第一生命、5千億円で米生保買収へ 日本生命と同規模にという記事になっていました。

第一生命とプロテクティブ生命は近く協議に入る。プロテクティブ生命は米国南部のアラバマ州に本社があり、年間の保険料収入は約3千億円ある。

日本国内は少子高齢化の影響で生命保険の販売が伸び悩んでいるということで、海外事業を強化するための買収とのことです。買収額は5,000億円を超える見込みとのこと。

買収後の保険料収入は、プロアクティブ生命が3,000億円、第一生命が4兆6,500億円で、合算すると最大手の日本生命の4兆8,300億円に並ぶということです。

保険業界では、損害保険最大手の東京海上ホールディングスが2008年に米国の保険グループのフィラデルフィア社を約4700億円で買収した。今回はそれを超え、海外の保険会社買収では最大規模になる。

日本の生命保険会社による、海外進出が進んでいるのですね。第一生命は既にオーストラリアの生保を買収したり、インドネシアの生保に出資したりしているそうです。