2014 05 29 1158

「ベビースター」のおやつカンパニーがカーライルと売却協議というニュースがありました。え、業績不振‥‥とかだったりするのでしょうか‥‥?? と思っていたら、おやつカンパニー、米投資ファンドと資本提携へということになったそうです。

「ベビースターラーメン」で知られるおやつカンパニー(三重県津市)は28日、海外展開を加速するため、米投資ファンド、カーライルと資本業務提携を結ぶと発表した。

カーライルが新株を引き受け、この資金で海外の販路拡大を進めるという見られています。現在も、香港、台湾、タイ、シンガポールなどアジア地域の他、メキシコにも輸出しているそうです。これをさらに拡大したい、ということなのでしょうか。

「ベビースター」おやつカンパニー、米投資会社傘下にという記事によると「少子高齢化で国内の菓子市場が縮小する中で、」海外への展開を加速したい意向とのことです。株式の取得金額200億円前後と見られています。

カーライル・グループは国内では工場用荷揚げ機大手のキトー、PHS大手のウィルコム、居酒屋チェーンのチムニーなどを買収してきた。買収先のコスト管理の徹底、カーライルの世界的なネットワークを活用した顧客開拓など、経営者と二人三脚で企業価値を高めることで知られる。

株式はカーライルが議決権の51%超を取得するということで、これまでの「おやつカンパニー」とは変わるかもしれませんね。味や値段は変わらないと良いのですが。

元々は、インスタントラーメンの製造工程で出る麺のかけらを加工したのが「ベビースター」の始まりだそうです。子どもの頃に食べた記憶、ありますね。今でも息子たちが好んで食べています。

おやつカンパニー ベビースターラーメンチキンミニ 23g×30袋

B003XPBJAY

おやつカンパニー ベビースターラーメン丸チキン 63g×12個

B005Q4KG0Y