2013 10 02 0924

ミクシィが2014年3月期通期の連結業績予想を下方修正し、営業損益が16億円の赤字に転落する見通しだと発表しました。ミクシィ、通期で赤字転落へ mixiゲーム課金不振で売り上げ大幅減という記事になっていました。

ミクシィは10月1日、2014年3月期通期の連結業績予想を下方修正し、営業損益が16億円の赤字に転落する見通しだと発表した(前回予想は10億~20億円の黒字、前期実績は25億7400万円の黒字)。

スマートフォン版のmixiゲームのリニューアルが、奏功しなかったようです。リニューアルにより、課金売上高の拡大を見込んだものの、そうはならなかった、と。

また「ノハナ」の法人化、スマホ向けネイティブゲームなどの先行投資というのも響いているようです。

8月9日に発表した4~6月期連結決算では2億5300万円の最終赤字に転落していた。赤字決算は上場来初。課金収入に加え、mixiの広告売り上げも不振だった。

mixiのアカウントを持っている人というのは相当数いるでしょうから、そういう人たちが再び帰ってくるような施策ができれば良いのでしょうけど、そういう施策は残っている濃いmixiユーザと相いれないものだったりするのかもしれません。難しいですね。