2013 09 09 0915

イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が、世界的な大企業トップの出身者数で順位付けしたランキングを発表しました。それによると、日本からは東大が2位、慶応大が9位にランクインしたそうです。東大2位、慶大9位 CEO輩出順位という記事になっていました。

米経済誌フォーチュンの世界企業500社番付に入っている企業の最高経営責任者(CEO)が卒業したり学位を取得したりした大学を調査し、人数別に順位付け。経営する企業の売上規模などを加味した。

MITとかハーバードとか、アメリカの有名大学がランキング上位を占めているのかと思いきや、日本からは東大(2位)、慶応大(9位)、京都大(18位)、早稲田大(20位)などがランクインしているそうです。

東大が2位! 2位は凄いですよ。

とはいえ、国別でみると、やはり国別だとアメリカが最も多い38校で、中国、日本、フランス、ドイツと続くそうです。