2013 08 06 1011

Amazonのジェフ・ベゾスCEOが、個人でアメリカの新聞「ワシントン・ポスト」を買収したことが明らかになりました。2億5,000万ドルで、日本円にして約250億円です。

米アマゾンCEO、ワシントン・ポスト紙を買収  :日本経済新聞という記事になっています。

インターネット小売り最大手、米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が米有力紙のワシントン・ポストを2億5000万ドル(約250億円)で買収する。同紙を発行するワシントン・ポスト社が5日発表した。

「ワシントン・ポスト」というと新聞のイメージですが、不振の新聞事業から撤退し、教育や放送関連に経営資源を集中していくとされています。

ただし「ワシントン・ポスト」の編集幹部らは留任し、2,000人の社員も解雇しない予定だそうです。とはいっても、新聞以外の事業に配置転換されれば、辞める人も少なくなさそうですが。

2013 08 06 1015

「ワシントン・ポスト」自身も、ジェフ・ベゾスCEOによる買収を報じています。

「ワシントン・ポスト」のドナルド・グラハム会長兼CEOは「新聞業界がここ数年直面してきた問題により、ワシントン・ポスト紙にとってもっと良い別のオーナーがいるのではないかと思うようになった」とコメントしています。