2013 07 17 1045

「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが、オンラインストア作成サービスの「STORES.jp」を6億円で買収することを発表しました。ZOZOTOWNがSTORES.jpを買収 全株取得で完全子会社化へという記事になっていました。

「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが7月16日、オンラインストア作成サービス「STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)」を運営するブラケットの全株式を取得し、完全子会社化すると発表した。

この買収により「STORES.jp」以外に「ZOZOTOWN」に出店できるようになったり、在庫情報を連携できるようになるそうです。

「STORES.jp」は現在4万店ですが、その出店の多くはアパレル関係で、買収による相乗効果が見込まれています。

今回の取り組みは、スタートトゥデイにとっては「ファッション分野以外の新しい分野への進出検討のきっかけ」になり、ブラケット社にとっては「STORES.jp」に付随する広範囲での様々なサービス展開のきっかけ」となる。

確かに、ベースとなる部分を共通化すれば、利用者にとってもメリットが大きいでしょうね。

「STORES.jp」についてネタフルでは次のような記事を書いています。

最短2分でオンラインストアを作成できる「Stores.jp」

2分でオンラインストアが作れる「STORES.jp」商品の保管・配送を代行する無料の倉庫サービス開始

■関連記事

「ZOZOTOWN」運営のスタートトゥデイ、「STORES.jp」運営のブラケットを子会社化 - CNET Japan

子会社化に伴い、スタートトゥデイはブラケット株1株に対して、350株を割り当てる。ブラケットは900株を発行しているため、スタートトゥデイ株31万5000株が割り当てられることになる。スタートトゥデイの7月16日11時30分時点の株価は2078円のため、ブラケットの時価総額は約6億5457万円となる。

朝日新聞デジタル:[CNET Japan] 「ZOZOTOWN」運営のスタートトゥデイ、「STORES.jp」運営のブラケットを子会社化 - CNET Japan(提供:朝日インタラクティブ) - テック&サイエンス

STORES.jpで開設されるオンラインストアの約70%がアパレルカテゴリ関連のストアであること、出店者からの販売支援や物流サービスに対する需要が高まっていることなどから、両社のシステム基盤やサービス体制を連携させることで、さらなる拡大成長を実現できると考え、株式交換の合意に至ったとしている。