2012 04 27 1036

アサヒグループホールディングスが、味の素から「カルピス」買収する方向で最終調整をしているそうです。アサヒがカルピス買収で最終調整、味の素から1000億円弱で | Reutersという記事になっています。

買収額は1000億円弱となる見通し。5月初旬にも正式発表する。複数の関係が27日、ロイターに明らかにした。アサヒはカルピスの買収により、清涼飲料部門でのシェア拡大を狙う。

カラダにピースの「カルピス」が、味の素の子会社だったということを知らなかった人も少なくないかと思いますが、清涼飲料部門を強化したいアサヒに買収される見込みだそうです。

今回、カルピスの買収により、アサヒの清涼飲料のシェアは、1位のコカコーラ、2位のサントリーに次いで、3位に引き上がる見通し。

なるほど、これは大きな買収ですね。

味の素としては、他の業務に経営資源を振り向ける狙いがあるということです。

カルピス Lパック 1.0L

B0035EPC6K

カルピス ぶどうLパック 1.0L

B0043781DO

■関連記事

朝日新聞デジタル:アサヒ、カルピス買収へ 味の素から全株買い取り方針 - 経済

アサヒは主力のビール類など酒類事業の売上高が9424億円(2011年12月期)と大きく、清涼飲料などの飲料事業はその3分の1ほど。国内では今後、高齢化の進展で酒市場が縮むとみられるため、企業買収による清涼飲料や食品部門の強化を進めている。

アサヒ、カルピス買収へ 味の素から1000億円めどに  - MSN産経ニュース

アサヒは、本業の国内ビール事業で市場が頭打ちのため、オーストラリアなど海外での買収に加え、国内では飲料や食品など非ビール事業の強化を課題としている。

アサヒ、カルピスを買収へ 味の素から1000億円で  :日本経済新聞

アサヒグループホールディングスが飲料大手のカルピスを買収する方向で、カルピスの親会社である味の素と最終調整に入ったことが26日、明らかになった。買収額は1000億円程度に上るとみられ、国内の飲料業界再編では最大規模。