2011 11 22 1007

グリー、DeNAを提訴―ゲーム提供妨害と主張ということでニュースになっています。10億5,000万円(約1,370万ドル)の損害賠償を求める訴えを、KDDIと共に起こしています。

グリーは、DeNAがゲームソフト開発会社など事業パートナーに対し、グリーにゲームを提供しないよう圧力を掛けたと主張している。

この問題に関しては、2011年6月に公正取引委員会がDeNAに対して「反競争的な慣行をやめるよう命じた」ということがありました。

グリーの田中社長は「DeNAはこうした商慣行をやめると述べたにもかかわらず、実際には今なお続いている」とつつ、今回の損害賠償に繋がったようです。

そういえば、楽天の三木谷社長はDeNAがプロ野球に参入することを批判していますし、楽天は出会い系の温床となっている「前略プロフィール」から撤退するともしています。

そして、グリーの田中社長は楽天出身にして、グリーてDeNAは最大のライバル。DeNAはあっちこっちの方向に向かって対峙しないといけないことがあるのですね。

■関連記事

グリー:「携帯電話向けゲーム供給を妨害」DeNAを提訴

DeNAは、今月4日にプロ野球の横浜ベイスターズ買収を発表し来季からの参入を予定している。田中社長は「(参入によって)違法行為をしても競争相手に勝てばいいという考え方が、世の中に認められたことになるのを危惧している」と述べた。

グリーとKDDIがDeNAを提訴--損害賠償10億5000万円請求

グリーは、この排除措置命令が確定した後、違法行為にどのように対応すべきかを検討してきたが、以下の事情などを勘案して、「au one GREE」を共同提供しているKDDIを共同原告として訴訟を提起したとしている。

グリーとKDDI、DeNAに対し10億円超の賠償求め提訴

DeNAは公正取引委員会から独占禁止法違反で排除措置命令を受けているが、グリーは(1)DeNAの行為はネット業界に大きなマイナスの影響を与えている、(2)それ以後もDeNAがソーシャルゲーム会社によるGREEへのゲーム提供を妨害していると思われる──などとして訴訟に踏み切ったとしている。