NECとレノボが合弁会社設立、国内最大のPC事業グループ誕生へという記事より。

NECとレノボは1月27日、世界第3位のPC市場である日本において、2011年6月中を目途に戦略的提携に基づいた合弁会社「NEC レノボ・ジャパン グループ」の設立を発表した。

NEC、レノボとパソコン事業で合弁交渉ということでネタフルでもお伝えしていましたが、NECとレノボの合弁会社ということで、正式に発表となりました。

同グループは、NEC・レノボ両社出資(出資比率:レノボ51%、NEC 49%)による合弁会社「Lenovo NEC Holdings B. V.」(登記上の本社はオランダ、本社機能は東京)を持ち株会社とし、その傘下に100%子会社として、現NECパーソナルプロダクツのPC事業を分離して設立する新会社「NECパーソナルコンピュータ」と「レノボ・ジャパン」が入る。

持ち株会社をつくり、その下にNECから切り離されるPC事業とレノボ・ジャパンが入ります。

NEC、レノボ・ジャパンのそれぞれのブランドは維持される、としています。

■関連記事

NECとレノボ、合弁会社6月設立を正式発表~両社のブランドを維持、国内合計シェアは26%に

また、レノボグループのヤン・ユアンチンCEOは、「レノボとNECは、完璧な組み合わせである。レノボは日本においてイノベーションで長い伝統を持ち、強いパフォーマンスを実現してきた。こうした経験と適切な戦略によって、日本市場に引き続きコミットしていく。両社の合計シェアは26%ととなり、世界3大市場のうち、2つの市場でトップシェアになる」などとした。