2011-01-18_1702.png

GREEが、アドエクスチエンジの「アトランティス」を22億円で買収というニュースが飛び込んできました。

グリー株式会社による当社子会社化について」というプレスリリースが出ています。

株式会社アトランティス (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木村新司、以下「アトランティス」)は、グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和、東証一部上場:コード番号 3632、以下「グリー」)の子会社となり、グリーにおけるスマートフォンアドネットワーク事業を新たに開始いたします。

GREEがアドエクスチェンジ運営のアトランティスを買収ーー買収金額は約22億円という記事になっています。

2011年もやはりソーシャルの年なのだと思わせるニュースが入ってきた。GREEは今日、アドエクスチェンジ運営のアトランティスを子会社化し、スマートフォンにおけるアドネットワーク事業を新たに開始すると発表した。

新年早々、大型買収です。国内の企業による国内の企業の買収なのですが、22億円という金額もすごいですし、お互いに創業10年以内と若い会社です。

さらにいえば「アトランティス」は2007年創業ですよ。

では、今回なぜGREEは同社の買収に踏み切ったのだろうか。そこにみえるのがやはりきたるべき「スマートフォン」時代への布石だ。リリースにもスマートフォン向け『GREE Platform』におけるトラフィック活性化やマーケティング力向上による事業の強化を図る」としている。

「アトランティス」は「Adlantis」というアドネットワークを展開しており、毎月「スマートフォンへの配信も5億インプレッション」あるそうです。

特にアンドロイドなどのいわゆる「非iPhone」スマートフォンは今後も大きな伸びを示すとされているだけに、自社での開発、運営ではなく、拡大中のネットワークをこのような方法で手に入れるのは、スピードを重視したということだろう。

日本のベンチャーにも、こうしたexitの方法が広まると面白いですね。