2010-10-06_1026.png

エステティックサロン大手「ラ・パルレ」が、東京地裁に民事再生手続きを申し立て、受理されたと発表しています。1978年創業、2002年にヘラクレスに上場しました。

エステのラ・パルレが民事再生手続きという記事になっています。

大阪証券取引所ヘラクレス市場に上場するエステティックサロン大手のラ・パルレは5日、東京地裁に民事再生手続きを申し立て、受理されたと発表した。

営業は継続し、店舗でのサービスも受けられるということですが、会員約6,700人から受け取っている前払い金については、スポンサーが見つかる前の返還には応じられないとしています。

「必ずやせる」など誤解を招く勧誘で08年に東京都から業務の一部停止命令を受けたことをきっかけに、売り上げが大幅に減少した。

さらに、主力銀行の日本振興銀行が経営破綻し、資金繰りが困難になったのが原因のようですが、保有していた振興銀株を全額損失計上し、債務超過に陥ったようです。

■関連記事

ラ・パルレ会長、経営責任「振興銀との関係含め検証」

経営再建のスポンサーの選定に関しては「筆頭株主であるネオラインホールディングスは候補のメンバーに入っていない」と述べた。