高級フレンチ「シェ松尾」グループ 創業30周年で「倒産」、事業譲渡という記事より。

東京商工リサーチが2010年9月17日に明らかにしたところによると、シェ松尾およびグループ会社のシェ松尾エンタープライズは「9月中旬以降の資金繰りの目処が立たず事業継続が困難となったことから、事業支援会社に事業を譲渡。9月16日、事業譲渡及び債務整理に入る」旨の通知文を関係先に送付した。

渋谷の高級フランス料理店「シェ松尾」が、事実上の倒産をしていたことが明らかになっています。事業支援会社に事業を譲渡し、債務整理に入っています。

シェ松尾は、シェフの松尾幸造氏が渋谷区松涛の高級住宅街に佇む洋館を改装し、1979年に営業を開始した。当時は邸宅レストランが珍しく、「皇室御用達」「芸能人が通う店」としても名を馳せてきた。

記事によれば「不景気の影響で接待に利用する企業が減少」さらには金融機関からの資金調達も困難になっていたということです。

どのくらいの高級路線かというと、

・ランチ 8,400円
・ディナー 21,000円〜52,500円

だそうです。

ウェブサイトを見ると、松尾幸造氏からのメッセージがありました。

拝啓 新秋の候、皆様ますますご清栄のことと、心よりお喜び申し上げます。 また平素よりシェ松尾各店舗をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。 さて、一部報道機関に於きまして、弊社に関する報道等がなされておりますが、シェ松尾グループは、平成22年9月15日、全事業を事業譲渡致しました。 事業譲渡後につきましても、各店舗は今まで通りの営業方針と従業員の下、さらなるお客様のご満足を頂けますよう、従業員一同、お客様のご利用をお待ち申し上げております。

譲渡先は、中華料理店を運営するホーコーフーズのようです。